マダニ・スズメバチ情報 西宮明昭山の会
安全対策委員会
2020.9.16
キイロスズメバチ情報1件追記
 当会では、6/15から新型コロナウイルス対策での例会自粛が解除され条件付きですが例会を再開しています。下見山行中(例会・下見・個人山行)されていました会員からマダニ・スズメバチ被害、発見の情報をいただきましたので下記に報告しておきます。今後の例会の山行時の計画、実施される時にこの場所の通過をさける、注意するなどしてください。尚、今後とも山行中にマダニ・スズメバチなどの被害、発見されたときには各班長、にご連絡いただきこの情報に掲載して情報を共有、皆さんで活用していきたいと思います。
  [ マダニ情報 ] 
 発生日
情報提供
会員No.
 発生場所・状況  備考
8 /17(土)
下見
No.2885
H.F
20.08.20記
例会の下見に行き、帰宅後衣類の洗濯をしている時マダニ(5mm)を見つける。
下見コースは鷹尾山~横ノ池~はぶ谷だが帰宅後に気が付いたので場所の特定はできない。


 8/8(土)
例会
No.1884
M.T
20.08.13記
奥池貯水池前でクールダウンの時、スパッツに1cm位のマダニが付着していることに気付く。午後に歩いた[とかか尾コース出口手前~奥池園地]の間についたと思われる。笹や雑草が生い茂った場所はなかったと思うが。 
マダニは捕獲して神前さんから夏秋先生に届けていただいた結果、タカサギキララマダニの成虫と分かった。
 8/8(土)
例会
No.2012
H.N
20.08.13記
上記と同じ例会でクールダウンの時、ズボンの裾を折っていたので下すと2mm位のマダニが付着していることに気付く。
忌避剤はスプレーしていた。
マダニは捕獲して神前さんから夏秋先生に届けていただいた結果、キチマダニの成虫と分かった。このマダニは日本紅斑熱という感染症を媒介する危険性がある。小さいいから(1~2㎜)とあなどらないでください。
※マダニの忌避剤をしっかりスプレーしてください。
 7/29(水)
個人
No.2285
S.S
20.08.01記
紅葉谷登山口から関電道を往復する。(10001200)右手首に発疹があり、中央に黒い物が付いていて足が見えた。マダニと思いピンセットで除去する。大きさは11.5mm 翌日、マダニを持って近くの医院で診察を受ける。 医院から飲み薬を処方され服用中。
8/1現在特に変わったことはない。


 7/18(土)
例会
No.2161
K.S
20.08.01記

摩耶東谷の終わりの頃、スパッツにダニが2匹(5mm)付着しているのを発見。その場で除去する。中央尾根西谷~摩耶山~摩耶東谷のコースを歩いたがどこで付着したかは特定できない。 朝、忌避剤をスプレーしたが渡渉を何回かしたので効果がなくなっていたことも考えられる。

- 
 7/12(日)
例会
No.1399
T.T
20.07.13記
会下山遺跡の所(9301000)でズボンに付着しているマダニを見つけ捕獲する。 - 
 6/27(土)
例会
No.2905
M.S
20.07.13記
例会参加の3日後6/30(火)首すじに違和感を覚え、できものかなと思い指でつまみ取ると、2mmのマダニだった。 会下山遺跡~風吹岩~横ノ池を通るコースだがマダニが付着した場所は特定できない。 若干の不安を抱きながら2週間様子を観たが、体調不良の症状は出なかった。- 
 6/27(土)
個人山行
No.1998
S.Y
20.07.04記
下山後太もも内側のズボンに5mm位のマダニが付いているのに気づき取る。マダニはその場で処分する。帰宅後、体を調べてみたが他のマダニの付着は見当たらなかった。
場所の特定はできないが考えられるのは次の二か所
[a五差路からうぐいす広場11:30] [,b.横ノ池12:15]
マダニの忌避剤はスプレーしていた。
- 
 6/27(土)
下見
No.2669
Y.A
20.07.02記
帰宅後、腕にマダニが付着していました。(吸着前)また、翌日浴槽の掃除をする際にマダニの死骸が浴槽内側に付着しているのが発見されました。大きさは二匹とも1mm程、足が8本あることから若虫と考えられます。生息場所を「笹やぶ」と仮定した場合、その茂り具合から下見コースで該当すると考えられるのは
[aゴロゴロ岳~飯盛尾根] [,b熊笹峠~石宝殿]
[c一軒茶屋~黒岩谷西尾根] [d東お多福山山頂~雨ヶ峠]
の四箇所です。今年は例年より多く発生していると考えます。

 6/21(日)
例会
No.2325
K.N

20.07.02記
21日例会を実施する。その日は気づかずにいたが、25日入浴し体を拭いていた時に足の付け根にゴミのような物がついていた。取ろうとしても簡単には取れず無理やり取る。まだ何か残っている感覚がある。大きさは2~3mm位の若虫。横ノ池(雄池)で昼食を取り12:00に出発し雌池に向かう途中にある笹に触れたと思われる。
朝、マダニの忌避剤を丁寧にスプレーしたが、スパッツは付けていなかった。
  横ノ池からの移動は雌池の所は通らない方が良いように思う。

 6/20(土)
県連草刈
No.2028
A.T
20.07.04記
 住吉谷川労山の森 11:30
県連の会員さん2名のズボン(太もも)に付着していた。
一匹は5mm、もう一匹は3mmくらいの大きさ。
 捕獲して持ち帰り神前さんを通して夏秋先生に観ていただく。
メスの成虫でウィルス菌は持っていなかった。



  [ スズメバチ情報 ] 
 発生日
情報提供
会員No.
 発生場所  備考
9/9(水)
例会
No.2669
Y.A
20.09.16記

*雨ケ峠への登り、最後の階段手前の比較的平坦なハイキング道の中央。南北に二本並んでいる雨ケ峠側の木の根本の樹液にキイロスズメバチが15匹程群がっていた。幸いに横を通っても威嚇・攻撃する様子はなかった。(11:00頃)

 
8/30(日)
例会
No.2669
Y.A
20.09.06記

*例会途中すれ違ったハイカーからの情報
一軒茶屋から有馬に向かう魚屋道でスズメバチの群れが確認され消防隊が出動し対処したとのことです。

 
8/29(土)
例会
No.2669
Y.A
20.09.06記
 長峰堰堤の登山口付近、この例会では阪急芦屋川北側広場に向かう途中でオオスズメバチが参加者に長時間執拗にまとわりつく。 この時期に単独で活動するオオスズメバチは穏やかで威嚇・攻撃する様子はありません。まとわりつかれた時は生きた心地がしませんが、慌てて手で払いよけようとしたり逃げたりしないで姿勢を低く保ち、少しずつゆっくりとその場を離れるにすると刺されることはないようです。 
6/27(土)
個人山行
No.2724
Y.A
20.07.02記
 魚屋道を風吹岩から雨ヶ峠へ向かっていく途中(11:30)、荒地山への分岐手前(ぬかるんでいる道を避ける為路肩の一段上がっている所)でスズメバチが一匹飛んでいるのを見つけた。運よく手前で見つけて引き返し迂回して無事通り過ぎることができた。気が付くのが遅ければ間違いなくスズメバチに刺されていたと思います。帰りも同じ所(12:30)でスズメバチが飛んでいるのを見つけた。一旦立ち止まり、飛び去るのを待って無事通ることができた。
 魚屋道から荒地山へ行かれる方はご注意ください。

6/21(日)
No.2250
下見
K.S
20.07.02記
 北ドントリッジの尾根筋の狭い道の地面にスズメバチの巣がありました。森林植物園から分水嶺道方向2/3ほど進んだところですが、ちょっと見つけにくい場所です。たまたま巣の2mほど手前で2~3匹のオオスズメバチが地面にいるのをみつけた為、道をはずれ迂回して無事通り過ぎることができましたが、気が付かずに巣に近づけば間違いなくスズメバチに刺されていたと思います。ハイカーがほとんど通らない道なので役所に連絡しても巣を除去してもらえる可能性は少ないと思います。この夏は北ドントリッジを歩かない方がよいかと思います。
 因みに6月28日に予定しているCL No.2251の北ドントリッジを通るB例会はコース変更をします。

6/16(火)
No.2669
Y.A
20.07.02記
 魚屋道を風吹岩から雨ヶ峠に向かう途中、二つ目のゴルフカート道手前おおよそ15mに立つ直30〜40cm程の木の背丈くらいの位置に大型オオスズメバチ10匹ほどが樹液に群がっていた.。
 

 明昭HOMEへ戻る