サークル紹介  

    俳句サークル・やまみち
  西宮明昭山の会には、従来スケッチ、コーラスの2サークルがありましたが、3つ目として2014年4月に俳句サークル「やまみち」が誕生しました。俳句とハイキング。足腰にあわせ、頭脳の方も、自然や世事に新鮮な驚きを感じ、物事とらわれない発想を鍛えようとするものです。「肩肘を張らず楽しく長続き」をモット-に、毎月1回木曜会としてスタートしました。その後参加者が多くなり2015年6月には月曜会も発足しました。
現在では、 吟行句会という山行を行い、作品集も定期的に発行をしています。昨年2018年10月には作品集Ⅳを発行しました。.下記に紹介していますのでお楽しみください。
皆さんお気軽にご参加ください。      作成日2019年1月12日
 
★木曜会:毎月第三木曜日13時30分~ 
  ・場所:仁川会館 会議室(案内図参照)   
    阪急電車 今津線「仁川駅」徒歩2分
  ・サークル員数: 29名(男15名、女14名)、
  ・会費:300円(会場費などに充当)
  ・連絡先 No.2312N.K
            TEL:0798-74-2822
  ★月曜会:毎月第二月曜日  
  ・場所:当会事務所
   阪急電車 神戸線「夙川駅」徒歩2分
 ・サークル員数 12名(男2名、女10名)、
 ・連絡先 No.2205H.K
 

句会の様子    
   

  作品36点紹介(作品集Ⅳ 2018年10月発行)より 
 

                                          
                                                                                         
 拳玉の朝な夕なや夏休み  梅日和ジヤングルジムに子等集ふ  故里はつま紅種を飛ばす頃  晩節の二合半酒
︿
こなからさけ

に栄螺かな
 ソプラノや限りなく澄む秋の空  河童橋げに夏山ははるかなり  つばくろや太陽の塔ひとめぐり  辛夷咲く妻の問ひかけうわの空  二重跳び縄の先には雲の峰  陽をうけて桜もみぢの鮮やかに  夕焼の空へ初回のホ|ムラン  別腹に入れるつもりの桜餅  百人に百のふるさと冬銀河  青春期今を楽しむ日永かな  だんご屋の店閉まりたる秋時雨  はらからの経読む声や夏暖簾  庭石に雨垂れ撥ねる弥生かな  夏日影ひよいとまたいだ天保山
晶子 文美子 照葉 秋麿 華尚 恵生 鷺宝 酔俊
章子 晩生 みややつこ 春充 朱實 史子 多恵 悟水 かつを
                                                                         
 轟ける百万石の鰤起し  落ちてなほ扱ひにくし松葉かな  払へども払へどもまた蜘蛛の糸  設計図更地を見入る飛蝗かな  あきついり朱鷺色の峰果てしなく  尾根風に足止め一服晩夏かな  秋澄みぬ母のおはぎのうつくしく  夏潮やビル影に待つ渡し舟  けんけんぱ揺れるおさげや鳳仙花  三月や暮れて静かに鷲林寺  星月夜雑魚寝の小屋を包み込む  福寿草黄泉の果てより帰りきぬ  河童釣浮きに動きの朧の夜  いのち果つ猫に春雷遠きかな  桃の日やただ理由もなく紅を引く  乙女らの夢の劇場小鳥来る  道草は老いても楽し赤蜻蛉  一陣の風一斉の木の葉雨
健治 由理子 欣一 風華 賀重子 蜻蛉 清楓 由美子 恵夢 久茶花 雅子 定子 漠水 林人 律子 南畝 蝸牛 葱坊主
                                                                         
                                        




トップページへ戻る